神戸大学医学部付属病院と連携し安全と安心を提供しています。

ほくと記念こやまクリニック-美容皮膚科・美容外科・形成外科-

サイトマップ

0120-437-904

にきび・にきびあと

にきび・にきびあとのおなやみを解消

  • 神戸大学医学部附属病院との安心サポート

    にきびは早めの治療が何より効果的です。にきびあとになってしまう前に正しい治療を受けて、きれいなお肌を取り戻しましょう。 こやまクリニックでは神戸大学医学部附属病院と連携し、 より安全で効果的なにきび治療をご提案して参りますので、安心して治療していただけるかと思います。

  • 保険診療で治らない、がんこなにきびにも対応

    自費診療も充実させているため、保険診療で治りきらなかったがんこなにきびの治療も可能です。

  • オーダーメイドの治療プラン

    予算やライフスタイルに合わせた治療プランをご提案します。

にきび、にきびあと治療

にきびの原因

にきびの原因

  • A性ホルモンが皮脂腺に促進的に影響し、皮脂腺を肥大させ、皮脂分泌を過剰にします。
  • B皮脂が増殖すると、毛包漏斗部の表皮は角化し脱落せずに固着します。角質が毛包内に剥離し、毛漏斗の塞栓が生じます。
  • Cにきび桿菌や表皮ブドウ球菌などが増加し、リパーゼがトリグリセリドを分解し、遊離脂肪酸に変えます。遊離脂肪酸が毛嚢壁を破壊し炎症を起こします。

にきびの治療

にきびには上図のように4つのステージがあり、それぞれに適切な治療の方法があります。
保険の適用範囲のものと自費での治療もございますので、当院ではお客様とのカウンセリングの上でベストな選択、治療を行っていきます。
おもな治療法としては下記のような方法があります。

炎症をおこす前 炎症を起こしている 赤色瘢痕期
(炎症がおさまった状態)
白色瘢痕期
(にきびあと)
にきび症例写真 にきび症例写真 にきび症例写真 にきび症例写真
保険適用治療
  • ディフェリン(外用薬)
  • ベピオゲル(外用薬)
保険適用治療
  • ディフェリン(外用薬)
  • ベピオゲル(外用薬)
  • ダラシンTゲル(外用薬)
  • 抗生剤
  • 漢方(内服薬)
保険適用治療
保険適用治療
保険適用外
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入(ビタミンC)
保険適用外
  • ZO SKIN HEALTH
  • Gentle YAGレーザー
  • オーロラ
  • イソトレチノイン内服
  • アルダクトンA内服
保険適用外
  • ケミカルピーリング
  • Gentle YAGレーザー
保険適用外
  • ケミカルピーリング
  • ZO SKIN HEALTH
  • 炭酸ガスフラクショナル
  • レーザー

治療例/施術例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

施術・治療法

ディフェリン(外用薬)

レチノイド様作用を有した外用薬であり、毛漏斗の角化異常を是正し面皰を改善する作用を有します。よって、ステージ①には単独使用で、ステージ②には抗菌薬との併用で使用します。

ベピオゲル(外用薬)

2015年4月に発売された製品です。この製品の有効成分である過酸化ベンゾイルの抗菌作用と角化剥離作用が炎症性皮疹およ び非炎症性皮疹を改善します。

ケミカルピーリング

グリコール酸やサリチル酸マクロゴールを用いて角層を剥脱させ、毛漏斗部の角化異常を是正し、面皰を改善させる即効性のある治療です。2週間から1か月の間隔をあけて行います。

ケミカルピーリング
ケミカルピーリング

余分な角質を剥離することにより、肌質が改善され肌につややハリをもたらします。

オーロラ

580~960nmの波長をもちます。アクネ菌産生するポルフィリンに吸収され、活性酸素を発生させることで、アクネ菌を破壊します。また、熱殺菌でアクネ菌を破壊する作用もあります。

フォトRF
フォトRF

一般的な浅いしみ(老人性色素斑など)はほとんど1回で治療可能です。またこちらの治療は疾患により保険治療が可能ですので是非一度ご相談いただければと思います。

アルダクトンA・ロアキュタン内服

アルダクトンAはアンドロゲン(性ホルモン)レセプターと結合し、アンドロゲンの産生を減少させることで、皮脂分泌を抑えます。ロアキュタンは表皮の分化を正常化させ、脂腺の分泌を抑制します。

炭酸ガスフラクショナルレーザー

組織を蒸散させ、周囲へ熱作用を与えるレーザーです。1回の照射で5~25%の肌を入れ替えることができ、概ね2~4回で効果は表れます。2か月以上の間隔をあけて治療を行います。

ー当日の治療の流れー
1. カウンセリング
2. 洗顔
3. 局所麻酔
4. レーザー照射。範囲によりますが10~20分
5. 軟膏を塗布して終了

洗顔…施術当日よりOK
化粧…傷がかさぶたになればOK(治療の程度によりますが、2日程度)
治療回数…2~4回で効果は表れます。2か月以上の間隔をあけて治療を行います。

漢方内服

十味敗毒湯・清上防風湯・荊芥連翹湯・桂枝茯苓丸加薏苡仁の内服を行います。

YAGレーザー

1064nmの波長をもちます。Hbに吸収されるため赤みを抑える作用があります。また、熱殺菌でアクネ菌を破壊する作用ももちます。

よくある質問

にきびはどの程度の治療で治りますか?
にきびの状態によって治療も変わってくるので、実際に診察しないと回答は出来ないのですが、にきびの状態をしっかりと診断し、状態に合った治療を提案します。
どのタイミングで診察を受けたらよいですか?
にきびはそのままにしておくと症状が進んでしまうので、なるべく早めの受診をおすすめします。早めに治療したにきびはきれいに治りやすいです。にきび跡が出来てしまうと治療が大変難しくなりますので、にきびが出来てしまったら早めに治療を受けましょう。
にきび跡のでこぼこにはどんな治療がありますか?
にきび跡の陥没(でこぼこ)には炭酸ガスフラクショナルレーザーが有効です。
レーザーを照射して肌に多数の小さな穴を開けます。この小さな傷を修復しようとする創傷治癒効果によって、新しい細胞へと生まれ変わります。この作用により小さな傷が治ると同時に、コラーゲンも精製されるため、肌の入れ替えが可能となり、にきび跡のでこぼこにも効果があります。
ケミカルピーリングはどのような治療法ですか?
ケミカルピーリングとは、肌の古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常に戻します。新しい肌の再生を促し、にきびの治りを早める治療法です。
妊娠中、授乳中でもにきび治療は可能ですか?
妊娠中、授乳中の方でも治療可能ですが、治療方法は制限されます。
どれくらいの頻度で通院する必要がありますか?
治療方法によって異なりますが、基本的には1ヶ月に一度の通院が必要となります。

患者様の声

  • 患者様
    症状
    にきび
    施術
    アルダクトンA・
    ロアキュタン内服
    赤みも減り、にきびもできなくなりました。

    中学の頃からにきびに悩んでいました。社会人になってストレスからなのか、ますますひどくなってきたので診察を受けることにしました。毎日お薬を飲み、3カ月ぐらいで赤みも減り、新しいにきびもできなくなりました。

  • 患者様
    症状
    にきび
    施術
    炭酸ガスフラクショナルレーザー
    ずっと悩んでいたでこぼこが改善されました

    ずっと悩んでいたでこぼこが改善されました。化粧のノリも良くなったように思います。

料金表

フォトRF・フォトRFアドバンス

フォトRF 25,000円
フォトRFアドバンス 30,000円
施術後のクールビタミンパック プラス 3,000円

※施術毎に5日分のビタミンパックをお渡ししております。

CO2フラクショナルレーザー(アンコア)

Deep FX スポット 10,000円
25,000円
鼻~頬部(毛穴ゾーン) 50,000円
こめかみ 50,000円
両頬 80,000円
全顔 115,000円

レーザータイトニング

YAGシャワー(全顔~鎖骨部まで) 30,000円
手背 5,000円

※施術毎に5日分のビタミンパックをお渡ししております。

ピーリング

部位 1回施術 5回セット価格
7,000円 30,000円
3,000円 10,000円
前胸部(デコルテ) 5,000円 20,000円
背中上部 5,000円 20,000円
背中下部 5,000円 20,000円
背中全面 8,000円 35,000円
その他 ご希望の部位によりご相談させていただきます

お問い合わせ

ご予約

▲ ページトップへ